<< ドラクエ6クリア感想 | main | 悠久幻想曲 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    こんな偶然

    0
      私はあんまりネットで情報を得るのが好きでないタイプなので、ツイッターやらないしいわゆる「ググる」ってことをしない。気持ちが弱ってる時にネガティブな事を調べ出したりすることはあるけど、基本的に映画、ゲーム、音楽なんかの趣味に関してはあまり調べない。
      受動的な趣味に関しては、向こうから情報がやってくると考えてるから。たまに知らなくてショック受けることもあるし、好きすぎて関連の情報を調べたりすることはあるけど…それを他人と共有しようとかは全く思わない。自分が好きになったものが好きすぎて、「この人になら」と思えた人にしか共有したくない。

      現在進行形で好きなものって、結局そうやって自分の中の「好き」の形を貫けたものだけで、他人から聞いたものはほんの一部しか残らなかった。何かしらの糧にはなってるから決して無駄なことではないけど、最初はでかかった存在なのに気付いたら石ころくらいの大きさしか残らなかったなぁ、みたいな。



      で、そんな風に自分の中でかなりでかい存在になってるzabadackも、いつの間にか好きになっていた系。調べたわけでもなく、気付いたら好きだったやつ。
      周りに知ってる人は全くおらず、オススメの曲聞かれても嫌なんで(そういう次元じゃない)あんまり人に言わなかったんですが…今日仕事で一緒だった人に何気なくzabadackの話をしたら(ほんとになんとなく)、その人もまさかのzabadack好き、しかもzabadackの影響を受けてバンドをやっていて作詞作曲までしてるという人だった。作ってる曲もかなりzabadackの影響を受けてる感じだとか。


      聞いた瞬間なんか色々スプラッシュしそうになったわ………凄いななんかもう色々とすごい。でも多分伝わらない…(笑)
      千葉子 * 日常 * 05:33 * comments(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 05:33 * - * -

        コメント

        コメントする









        このページの先頭へ